図書館情報学レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数489
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『未来をつくる図書館』を読み、ニューヨーク公共図書館の多様なサービスやスケールの大きさを知り、今まで自分が抱いてきた日本の図書館像との落差に愕然とした。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    図書館情報学レポート
    浦安図書館という存在
     『未来をつくる図書館』を読み、ニューヨーク公共図書館の多様なサービスやスケールの大きさを知り、今まで自分が抱いてきた日本の図書館像との落差に愕然とした。「理想的な図書館」をまさに具現化したようなニューヨーク公共図書館のことを知るにつれ、これくらい生き生きとした図書館が日本には全くないのだろうか、という疑問を持つようになった。そんな問いを抱きながら読み進めていると、最後のむすびの部分で千葉県浦安市立中央図書館について記述された箇所で、「日本の公共図書館で最も充実したサービスを行う図書館として知られている。」という一文に触れ、浦安図書館に強い関心を持つようになった。
    そこで私は、日本の公共図書館をリードする浦安図書館とはどんな図書館であるのかについて考察してみたい。
    基本に忠実な図書館経営
     私は『未来を作る図書館』を読むまで浦安図書館に関する情報を全く持ち合わせていなかったので、浦安図書館が最も充実したサービスを提供する図書館といわれるほどの図書館であるからには、他の図書館とは全く違う秘密があるに違いないと予想していた。しかし、実際には予想と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。