ビアス

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数227
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1)Ambrose Bierce (1842 – 1914?) について
    1842年6月24日 Ohio州Meigs郡Horse Cave Creek近くに生まれる
    1846年   [4歳] Indiana州北部の町Warsaw近くへ移る
    1857年 [15歳] 奴隷制度廃止運動の機関紙The Northern Indiananを発行する新聞社で見習として働く
    1859年 [17歳] 新聞社をやめ、the Kentucky Military Institute(陸軍士官学校)に入学
    1860年 [18歳] 士官学校を退学、Warsawの近くの町Elkhartへ行き、食堂で働く
    1861年 4月19日  [19歳] the Civil War(南北戦争)勃発直後、自ら志願して北軍(the Federal Army)に入隊
    ・the Civil War (1961-1965) 概要
    当時、南部と北部との経済・社会・政治的な相違が拡大していた。
    南部ではplantation経済が発展して綿花をヨーロッパに輸出していたため、奴隷制を支持し、自由貿易を望んでいた。
    それに対して北部では急速に工業化が進んでいたため、流動的労働力を必要とし奴隷制に反対していた。また、商工業振興のため保護貿易を望んでいた。
    1860年にSouth Carolina州が連邦からの脱退を宣言する。翌1861年2月までにMississippi州、Florida州、Alabama州、Georgia州、Louisiana州、Texas州も連邦からの脱退を宣言し、アメリカ連合国(CSA: Confederate States of America)を設立する。後にVirginia州、Arkansas州、Tennessee州、North Carolina州が連合国に合流した(奴隷制存続を主張する南部諸州のうち11州)。これと合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった。
    死者数は推定60万人以上である。これは独立戦争以降今日までのアメリカが戦ったどの戦争における戦死者数も上回っており、この戦争の凄惨さを物語っている。北部人にとっては連邦を守る戦いであり、南部人にとっては内戦よりもむしろ合衆国からの独立戦争としての意味合いが強い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Ambrose Bierce
    “An Occurrence at Owl Creek Bridge”
    1)Ambrose Bierce (1842 – 1914?) について
    1842年6月24日      Ohio州Meigs郡Horse Cave Creek近くに生まれる
    1846年   [4歳]  Indiana州北部の町Warsaw近くへ移る
    1857年      [15歳] 奴隷制度廃止運動の機関紙The Northern Indiananを発行する新聞社で見習として働く
    1859年      [17歳] 新聞社をやめ、the Kentucky Military Institute(陸軍士官学校)に入学
    1860年      [18歳] 士官学校を退学、Warsawの近くの町Elkhartへ行き、食堂で働く
    1861年 4月19日 [19歳] the Civil War(南北戦争)勃発直後、自ら志願して北軍(the Federal Army)に入隊
    1865年      [23歳] 除隊
    1866年      [24歳] Hazen将軍と西部視察の旅に出発し、Californ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。