高齢社会の現状と原因

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数15,464
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    研究目的
     現在日本の高齢化という現状を耳にしない人などいないほど問題となっている。そういわれるのも家庭の介護の問題から始まったことではないだろうか。そんな家庭での介護の難しいとされるとこを問題として挙げる。そして、それをもとにして、福祉用具と住宅の障壁を無くす、いわゆるバリアフリー、家庭の介護を合わせた介護の実現を考える。本来「福祉」と言う言葉は、幸福・生活の安定という意味を持つ。家庭介護を成功させる、幸福・生活安定の「福祉」に関連とする介護福祉も見ていくことにする。これらを踏まえて最終的には、このようなサービスから、高齢者の幸福を追求する。
    1. 高齢社会の現状と原因
    1―1日本の人口
     現在日本の総人口は、2000年には約1億2690万人であった。2005年には1億2770万人に増加するが、それを最高とし、以降減少の一途をたどると推計されている。これを年齢別に見ると、年少人口(0〜14歳)はすでに減少していて、少子化傾向にある。少子化は、1980年代半ば以降の著しい出生率の低下から1998年までの25年間に、209万人から120万人以下に減少している。出生率低下の原因には、未婚化、晩婚化によるものが大きい。一方、65歳以上の高齢者は,2000年の2187万人(総人口に占める割合は17.2%)から2030年の3277万人まで増加していくと推計される。今では世界一の長寿国にまでなった。
     国際連合1956年の報告書で、65歳以上の高齢者人口が総人口の7%以上の時、「高齢社会(人口)」とするとされた。このことから7%を超えるとき、高齢化が進んでいる社会、高齢化社会とし、14%を超えた社会を高齢社会という。日本は、1970年に高齢化社会になり、1994年に高齢社会になった。人口の高齢化は、総人口が減少傾向に入ってからさらに拍車がかかり、2050年には実に総人口の約3分の1に当たる32.3%が高齢者という、超高齢社会の到来が予測されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    研究目的
    現在日本の高齢化という現状を耳にしない人などいないほど問題となっている。そういわれるのも家庭の介護の問題から始まったことではないだろうか。そんな家庭での介護の難しいとされるとこを問題として挙げる。そして、それをもとにして、福祉用具と住宅の障壁を無くす、いわゆるバリアフリー、家庭の介護を合わせた介護の実現を考える。本来「福祉」と言う言葉は、幸福・生活の安定という意味を持つ。家庭介護を成功させる、幸福・生活安定の「福祉」に関連とする介護福祉も見ていくことにする。これらを踏まえて最終的には、このようなサービスから、高齢者の幸福を追求する。
    高齢社会の現状と原因
    1―1日本の人口
     現在日本の総人口は、2000年には約1億2690万人であった。2005年には1億2770万人に増加するが、それを最高とし、以降減少の一途をたどると推計されている。これを年齢別に見ると、年少人口(0~14歳)はすでに減少していて、少子化傾向にある。少子化は、1980年代半ば以降の著しい出生率の低下から1998年までの25年間に、209万人から120万人以下に減少している。出生率低下の原因には、未婚化、晩婚化..

    コメント4件

    miraaa 購入
    少子高齢化についてよくわかりました
    2006/01/07 12:59 (10年11ヶ月前)

    tomo122 購入
    高齢化社会についてもっと考えてみたくなりました。
    2006/01/18 3:57 (10年11ヶ月前)

    worst1 購入
    高齢化社会についてもっと考えてみたくなりました。
    2006/07/06 4:30 (10年5ヶ月前)

    rieko0121 購入
    yokumatomatteitessannkouninarimasita
    2006/12/11 13:31 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。