介護保険制度創設に至る背景と、制度実施後に見えてきた課題と、今後の展望について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,590
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     介護保険創設に至る背景は、日本は世界一の長寿国であるが、65歳以上の高齢者の割合は現在の6人に1人から、50年後には3人に1人となるといわれている。寝たきりや痴呆など、介護が必要な人も現在の280万人から25年後には530万人へ倍増する見込みである。現在、高齢者のいる世帯のうち、独り暮らしが18%、夫婦2人暮らしが27%で、ともに年々増えている。介護が必要なのに介護する人がいない、お年寄りがお年寄りを世話する「老老介護」になっている。寝たきりのお年寄りの半数近くが3年以上で、家族の負担は大きくなってきている。
     介護保険制度実施後見えてきた課題には、?要支援者への予防給付が要介護状態の改善につながっていない要介護認定者の増加・軽度の者の増加や、?特別養護老人ホームの入所申込者の急増・在宅生活を希望する高齢者が在宅生活を続けられない状況にある在宅サービスの脆弱性や、?特定施設の利用が増加し、居住型サービスへの関心が高まっている居住型サービスの伸びや、?ユニットケアの取組が進展し、個人の生活、暮らし方を尊重した介護が広がりを見せている施設サービスでの個別ケアへの取組や、?アセスメントなど、当然行われるべき業務が必ずしも行われていないケアマネジメントの現状や、?要介護高齢者のほぼ半数は痴呆の影響が認められる者であるにもかかわらず、痴呆性高齢者ケアはいまだ発展途上、ケアの標準化、方法論の確立にはさらに時間を必要とする求められる痴呆性高齢者ケアや、?事業者を選択するために必要な情報が十分に提供されず、サービスの質に関する苦情が多いため、従事者の質の向上、人材育成などの介護サービスの現状がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「介護保険制度創設に至る背景と、制度実施後に見えてきた課題と、今後の展望について」
    介護保険創設に至る背景は、日本は世界一の長寿国であるが、65歳以上の高齢者の割合は現在の6人に1人から、50年後には3人に1人となるといわれている。寝たきりや痴呆など、介護が必要な人も現在の280万人から25年後には530万人へ倍増する見込みである。現在、高齢者のいる世帯のうち、独り暮らしが18%、夫婦2人暮らしが27%で、ともに年々増えている。介護が必要なのに介護する人がいない、お年寄りがお年寄りを世話する「老老介護」になっている。寝たきりのお年寄りの半数近くが3年以上で、家族の負担は大きくなってきている。
    ..

    コメント6件

    rm11280826 購入
    わかりやすくまとめてあります。
    2006/01/29 16:18 (10年10ヶ月前)

    toratora 購入
    参考になりました
    2006/08/31 2:57 (10年3ヶ月前)

    7hermes 購入
    とても参考になりました!
    2006/09/02 20:08 (10年3ヶ月前)

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:46 (10年2ヶ月前)

    sakichann 購入
    レポート作成の際の参考にさせて頂きたいと思います。ありがとうございました。
    2006/12/26 10:47 (10年前)

    pura48 購入
    参考になりました。
    2007/03/04 12:01 (9年9ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。