民事訴訟法レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数664
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (1)土地明渡請求はできる。
    ?前訴の既判力は後訴にどのように影響するか。前訴の既判力が後訴に作用する場合、後訴裁判所はどのような判断を下すべきであろうか。既判力の作用には、?前訴判決の判断と矛盾する権利関係を基礎付けるための主張立証が当事者に許されず、後訴裁判所はこれを争う当事者の申し立てや主張・抗弁を排斥しなければならないという消極的作用と、?裁判所は既判力で確定された判断に拘束され、これを前提として後訴の審判をしなければならないという積極的作用があるが、究極的にはどちらなのかにつき争いがある。そこで、既判力が後訴にどのように作用するのかとかかわって問題となる。
    ?この点、既判力の作用は究極的には判決事項の再度の審判の禁止(一事不再理効)であり、同一事項の審判の繰り返しとなる当事者の主張や抗弁を不適法として排斥するという消極的作用であると考える学説があり、判例「最判昭和51年9月30日民集30巻8号799頁」では既判力が及ばない事項であっても実質的に前の訴訟の蒸し返しと認められる場合については、訴訟法上の信義則に基づき後の訴訟における主張立証を制限する立場を採用しているが、しかし、既判力は基準時(事実審の口頭弁論終結時)における権利・法律関係の変動が不可避であり、厳密には同一事件はないので、確定判決により訴権が消滅して、再訴が不適法になるという意味での一事不再理効には親しまない。
    そこで、既判力は究極的には前訴で確定した権利関係の存否の判断の後訴裁判所に対する内容的拘束力があって、これと矛盾・抵触する判断を禁止する効力であると解すべきである。
    すなわち、確定判決の判断の内容的拘束力という積極的作用がまずあって、訴の反射としてこれに反する当事者の主張や抗弁を排斥するという遮断効(消極的作用)があるにすぎないと考える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民事訴訟法 第21回 課題            
    民事訴訟法第21回課題
    湯河原さんは下田さんに対する建物収去土地明渡訴訟で勝訴し、その判決は確定した。その後、下田さんは伊東ビルを草津さん(承継人)に譲渡した。
    (1)湯河原さんは草津さんに対し、伊東ビルを収去し甲土地を明け渡すよう求めることができるか。
    (2)草津さんが、基準時前に湯河原さんから土地の賃借権を得ていた場合、湯河原さんは草津さんに対して伊東ビルを収去し甲土地を明け渡すよう求めることができるか。
    理由を述べつつ、上記各問に答えよ。解答の際には、判例の立場にも触れること。
    解答は次ページからです。
    (1)土地明渡請求はできる。
    ①前訴の既判力は後訴にどのように影響するか。前訴の既判力が後訴に作用する場合、後訴裁判所はどのような判断を下すべきであろうか。既判力の作用には、①前訴判決の判断と矛盾する権利関係を基礎付けるための主張立証が当事者に許されず、後訴裁判所はこれを争う当事者の申し立てや主張・抗弁を排斥しなければならないという消極的作用と、②裁判所は既判力で確定された判断に拘束され、これを前提として後訴の審判をしなければな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。