屈折率

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数3,960
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.実験目的
     物質中では、光の波長によって屈折率が異なる。
    この性質を利用したプリズムを用いて分光を行い、原子スペクトルを測定する。
    2.実験操作
     実験に使用する実験機器は、以下のとおりである。
    水銀放電管 分光計 プリズム(石英ガラス クラウンガラス フリントガラス)
    実験方法
    1.水銀放電管の電源を入れ、青白い光が直接見れるように望遠鏡を移動させる。
    コリメーターは動かさない。
    2.プリズムを中心の台の上に載せてコリメーターからの光線をプリズムに入光させる。
    もう一方のプリズムの側面からの光線を望遠鏡を回転させながらのぞいて探す。
    3.見つかったら、プリズムが置かれたステージを回して
    δが最も小さくなるところを探す。
    光線が望遠鏡の中心に来るように望遠鏡を動かしてその色と角度を記録しておく。
    4.同様の測定を残り2種類のプリズムに対して行う。
    3.実験結果
    実験結果は以下の表のようになった。
    屈折率は
    (1)
    より求めた。
    また、全ての頂角αは60°である。
    Table1.フリントガラスの測定値
    色 波長 λ(nm) 角度δ0(deg) 屈折率 n
    黄色 577.0 67.4 1.793
    黄緑色 546.1 67.8 1.796
    青緑色 491.6 68.3 1.800
    青色 435.8 69.6 1.810
    紫色 404.7 70.5 1.816
    Table2.石英ガラスの測定値  
    色 波長 λ(nm) 角度δ0(deg) 屈折率 n
    黄色 577.0 52.9 1.667
    黄緑色 546.1 53.1 1.669
    青緑色 491.6
    青色 435.8 54.1 1.678
    紫色 404.7 54.3 1.680
    Table3.クラウンガラスの測定値
    色 波長 λ(nm) 角度δ0(deg) 屈折率 n
    黄色 577.0 58.5 1.719
    黄緑色 546.1 58.6 1.720
    青緑色 491.6 58.7 1.720
    青色 435.8 58.8 1.722
    紫色 404.7 59.0 1.723

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.実験目的
    物質中では、光の波長によって屈折率が異なる。
    この性質を利用したプリズムを用いて分光を行い、原子スペクトルを測定する。
    2.実験操作
    実験に使用する実験機器は、以下のとおりである。
    水銀放電管 分光計 プリズム(石英ガラス クラウンガラス フリントガラス)
    実験方法
    1.水銀放電管の電源を入れ、青白い光が直接見れるように望遠鏡を移動させる。
    コリメーターは動かさない。
    2.プリズムを中心の台の上に載せてコリメーターからの光線をプリズムに入光させる。
    もう一方のプリズムの側面からの光線を望遠鏡を回転させながらのぞいて探す。
    3.見つかったら、プリズムが置かれたステージを回して
    δが最も小さくなるところを探す。
    光線が望遠鏡の中心に来るように望遠鏡を動かしてその色と角度を記録しておく。
    4.同様の測定を残り2種類のプリズムに対して行う。
    3.実験結果
    実験結果は以下の表のようになった。
    屈折率は
    (1)
    より求めた。
    また、全ての頂角αは60°である。
    Table1.フリントガラスの測定値 色 波長 λ(nm) 角度δ0(deg) 屈折率 n 黄色 577.0 67.4 1...

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。