『子どもの最善の利益』を尊重するために家庭、社会、学校において配慮することについて述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数4,174
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「子どもを不幸にするいちばん確実な方法はなにか、それをあなたがたは知っているだろうか。それはいつでもなんでも手に入るようにしてやることだ」というルソーの言葉がある。つまり子どもへの利益と思っての行為が最大の不利益となっているかもしれないということである。
     子どもの権利条約で定める児童の権利は大きく4つに分けられる。一つ目は「生きる権利」、二つ目は「育つ権利」、三つ目は「守られる権利」、四つ目は「参加する権利」である。しかし、現在の日本ではこれがすべて守られているわけではなく、国際連合による最初の審査の結果、懸念事項及びそれに対する勧告及び提案22項目からなる総括所見が「国連・子どもの権利委員会」から回答及び勧告として出された。また、2004年の二回目の審査では、一回目の時の勧告内容を実行に移していないと指摘され、前回よりも具体的で数の多い27項目の改善勧告を受けている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「『子どもの最善の利益』を尊重するために家庭、社会、学校において配慮することについて述べなさい。」
     「子どもを不幸にするいちばん確実な方法はなにか、それをあなたがたは知っているだろうか。それはいつでもなんでも手に入るようにしてやることだ」というルソーの言葉がある。つまり子どもへの利益と思っての行為が最大の不利益となっているかもしれないということである。
     子どもの権利条約で定める児童の権利は大きく4つに分けられる。一つ目は「生きる権利」、二つ目は「育つ権利」、三つ目は「守られる権利」、四つ目は「参加する権利」である。しかし、現在の日本ではこれがすべて守られているわけではなく、国際連合による最初の審査の結果、懸念事項及びそれに対する勧告及び提案22項目からなる総括所見が「国連・子どもの権利委員会」から回答及び勧告として出された。また、2004年の二回目の審査では、一回目の時の勧告内容を実行に移していないと指摘され、前回よりも具体的で数の多い27項目の改善勧告を受けている。
     さて、子どもの最善の利益を守るものがいくつか存在する。たとえば、「親子の分離」による子どもにとっての最善の利益..

    コメント2件

    kenton 購入
    レポート作成に役立ちました
    2007/06/04 14:44 (9年6ヶ月前)

    川野さかな 販売
    なによりです>うp主
    2008/10/29 4:13 (8年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。