「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数415
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「1,29」とは、2003年の合計特殊出生率である。合計特殊出生率とは一人の女性が15歳から49歳までに生むと推測される子どもの数である。これが2,08を下回ると現在の日本の人口を維持できなくなると言われている。過去、第二次世界大戦後である1949年に起きた第一次ベビーブームのときの出生率は4,32と、2,08を大幅に上回っていた。しかし、第一次ベビーブーム時の子どもが大人になり、子どもを生みはじめた1973年には、2,14という現在の日本の人口を維持するのに必要な数値をわずかに上回る程度の出生率にとどまった。それ以降、減少の一歩を辿っている少子化は現在、社会が考えなければならない問題の一つと化している。
     少子化の要因に晩婚化や非婚傾向がある。まず晩婚化の理由に経済的に安定している女性の間で、「急いで結婚をせず、シングルライフをエンジョイしたい」という考えを持つ人が多いことが挙げられる。結婚する時期が遅くなるということは、出産をする時期も遅くなるということである。そのため、持てる子どもの数も限られてくるのである。同様に、結婚や子育てに束縛された生活をするよりも、「ひとりの女性」として自立した生活を送ることを希望する、結婚をしたがらない女性が増えてきていることが非婚傾向に拍車をかけている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「少子化」の要因と児童に及ぼす影響について
     「1,29」とは、2003年の合計特殊出生率である。合計特殊出生率とは一人の女性が15歳から49歳までに生むと推測される子どもの数である。これが2,08を下回ると現在の日本の人口を維持できなくなると言われている。過去、第二次世界大戦後である1949年に起きた第一次ベビーブームのときの出生率は4,32と、2,08を大幅に上回っていた。しかし、第一次ベビーブーム時の子どもが大人になり、子どもを生みはじめた1973年には、2,14という現在の日本の人口を維持するのに必要な数値をわずかに上回る程度の出生率にとどまった。それ以降、減少の一歩を辿っている少子化は現在、社会が考えなければならない問題の一つと化している。
     少子化の要因に晩婚化や非婚傾向がある。まず晩婚化の理由に経済的に安定している女性の間で、「急いで結婚をせず、シングルライフをエンジョイしたい」という考えを持つ人が多いことが挙げられる。結婚する時期が遅くなるということは、出産をする時期も遅くなるということである。そのため、持てる子どもの数も限られてくるのである。同様に、結婚や子育てに..

    コメント3件

    LOTO6 購入
    参考になりました
    2006/10/22 22:24 (10年1ヶ月前)

    sakuma 購入
    参考になりました
    2006/11/05 20:11 (10年1ヶ月前)

    川野さかな 販売
    ありがとうございます>うp主
    2008/11/17 11:14 (8年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。