臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,738
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ。
     近年の科学技術の目覚ましい進歩は、高度な文明と豊かな生活を私たちにもたらした。しかし、過剰な利益追求主義による物質的な富を追求する産業化社会は、効率化や優位性を求め続ける競争社会であり、生活のリズムやテンポも著しく加速され、人々は様々なストレスに晒されている。そのようななかで、精神障害者数は年々増加傾向にある。このように、社会自体が人間の精神を蝕んでいると考えられるため、カウンセリングは社会にとって重要な役割を担うようになっていったのである。
     人を治すという意味ではカウンセリングと医学は同義である。しかし、医学は肉体を理解することが重要であるが、カウンセリングは自分自身とクライアントに対する人間理解が必要となってくるのである。そのためにも、相手の捉え方を学ぶために臨床心理学の知識は重要な基盤となる。
     臨床心理学は、心理学の中においては応用心理学に分類されるが、カウンセリングにおいては基礎となるものを多く有している学問である。そして、精神疾患や心理的問題の治療・解決、あるいは人々の精神的健康の増進に貢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。