子どもの「不適応行動」について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数847
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもの「不適応行動」について述べよ。
     現在の日本経済は、右肩上がりだった高度経済成長を終え、低成長どころかマイナス成長の時代を迎えたといわれている。加えて、近代化・産業化・都市化の進展により、地域社会の血縁的・地縁的な絆は次第に薄れつつある。
     この様な地域社会の希薄化が進む中で、核家族化と孤立化はますます進む傾向にある。その結果、家庭生活の助け合いがほとんど無くなり、少子化や離婚、幼児虐待などの様々な面で家庭崩壊の不安は増大する一方となっている。
    また、受験競争の過熱は高校生以下の学校教育にも学力偏重の風潮を引き起こし、学歴社会、暗記至上主義、偏差値重視の教育が広まっていった。そのような中で子ども達は精神的な閉鎖状態に陥り、ストレスを溜めてしまうことが多くなってしまうのである。それが結果として校内暴力や不登校、いじめや摂食障害を多発させ、学校外でも子どもによる傷害事件や致死事件、そして自殺をも誘発させていると考えられているのである。こういった行動を「不適応行動」と呼び、近年大きな問題となっている。
     この「不適応」とは、個人が環境との間に、うまく自己調節を取り、統合を保ちながら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。