日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数976
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本とアメリカの老人ホームの特色や相違点について概説し、わが国の老人福祉施設をめぐる今日的課題について述べよ。」
     わが国の高齢化は、世界に例を見ない速さで進行し、現在ではすでに超高齢社会と呼ばれるほどである。そのため非常に重要視されている高齢者の現状は、多くの問題を作り出していった。高齢化率が上がるにつれて行政は様々な政策を打ち出していったが、いまだ福祉サービスの質・量、共に充足は図られていない。そこで日米の老人ホームの比較をもって、今日の課題を見つけてみたい。
     まず日本の老人ホームについてであるが、かつては措置制度により、特別養護老人ホームに入所するには、行政が高齢者の身体状況や家族の事情を調査する必要があった。たとえ入所が決定されても、サービスの内容や職員の配置などについては行政が一方的に決定する仕組みであった。
     2000年4月、ニーズの多様化に対応するために社会保険制度である介護保険が導入された。それにより、福祉と医療の分野両方のサービスを総合的に受けるようになり、以前よりも福祉サービスを受けやすくなった。そのため利用者のニーズが増大し、現在の我が国では、福祉に携わる者の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。