幼児の生活スタイルについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数816
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼児期は、大人への依存と信頼を基盤とし、情緒を安定させて自立に向かう時期であり、その過程で幼児は、生活や同年代の幼児との遊びの中で具体的な体験を通して、社会で生きるための最も基本となる自立的な生活態度や社会性を獲得していく。このような幼児期は、生涯にわたる人間形成の基礎が培われる極めて重要な時期である。
     幼児期の生活は、遊びが全てであると言える。なぜなら幼児は、遊びの中で発達に必要な様々な体験を得るからである。幼児期は、自発的な遊びや生活自体が学びであり、総合的に発達していく。遊びの中で空想や創造、思考や体幹を鍛える。また、友だちと遊ぶことで社交性を身につける。また、子どもの興味の幅は、対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。