社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数578
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉機関、施設、援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。
     日本社会福祉士会編『社会福祉実践事例集』から子ども・家庭分野の事例「事例20(P.160~168);地域支援のネットワークを駆使した、児童虐待防止と家庭支援」を取り上げて考察することとする。
    Ⅰ)事例の概略
    (1)プロフィール(サービス開始時)
     Gさん41歳、女性。兼業農家の育ち、小学校後半から粗暴な行動が目立ち始める。中学生のときに数ヶ月間、教護院(現在の児童自立支援施設)へ入所したことで母を憎んでいる。二十歳前に結婚。自殺未遂事故の後遺症により身体障害者手帳の上下肢4級。二度目の離婚後、父母の住む隣町で親子三人の生活をする。この頃から子どもへの虐待が目立つようになる。人間関係でトラブルを起こし、転職を繰り返す。毎日5~8合の飲酒。肝炎の治療が困難な状態。簡単な読み書きは出来るが、識字に対する劣等感が強い。過度の興奮により子どもへ攻撃的となったり、極端に子どもを可愛がる。
     長男15歳。Gさんから毎日漢字の練習を課せられていた。知的な遅れより登校には消極的だったが、中学からは友達とも遊び、担任や生徒指導..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。