社会福祉機関・施設・援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数452
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉機関・施設・援助者による社会福祉活動で留意すべき点について述べよ。
     日本社会福祉士会編『社会福祉実践事例集』から高齢者分野の事例「事例4(P.43~49);痴呆性高齢者の自己実現を支援するグループホームの実践」を取り上げて考察することとする。
     この設題において用いられている「痴呆」という言葉は現代では差別用語として使用を自粛し代わりに「認知」という言葉にて表されている。この『社会福祉実践事例集』という教科書によると2001年発行より改定されておらず、この古い表現のまま2008年に第7刷として発行されている。常に新しく変わっている福祉を、昔から変わらない学ぶ立場にいる学生として、2001年から変わっていない古い教科書にて知識を古い表現で学ぶという行為に疑問を感じずにはいられない。しかし、この教科書は学校側より配布されたもので、学校より設題を指定されているものである。この点より、学校側による多々ある事例研究書の中から精選しこの本を教科書とし、その中から設題を厳選したと判断できる。そのため、今回はこの学校側の判断を尊重し、認知ではなく痴呆という言葉を用いて記述することとする。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。