職場における精神保健活動の実際について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数618
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     職場における精神保健活動の実際について
     現代社会において、人々は多くのストレスを抱えている。何に対してもやる気がない、興味が持てなくなった、会社や学校でうまくやっていけない、身体的に不定愁訴がある、などといった経験は誰にでもあり、多くの心の問題となっている。そこで、人々が社会の中で健康的に生活できるよう、精神保健活動が注目されるようになってきている。では、職場における精神保健の活動とはどのような立場にあるかについて考えてみたい。
     働くということは、生活費を得ると同時に、人としての存在を保証する手段でもあり、人間の発達を保障する基本的条件でもある。労働なしには生活はあり得ないし、労働によって人間は自己を変革し発達することができる。
     しかしその反面、近年の長引く不況、大量リストラ、終身雇用制の崩壊、急速な技術革新の進歩等に伴う労働条件の変化により、過度のストレスが加わり、職場不適応症として就業への不安、緊張、恐怖、焦燥感、抑うつ感やうつ病などの心の病が出現するなど、精神的な面で大きな影響が出ている。そこで職場における精神保健活動は、そのような精神的健康の病気を予防・治療し、人々が健..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。