来談者中心カウンセリングについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数983
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     来談者中心カウンセリングについて
     「来談者中心療法」とは、カール・ランサム・ロジャーズの“クライエント中心カウンセリング” (非指示的カウンセリング)の理論が元になっている。それは、受容、繰り返し、感情の反射、感情の明解化、質問などを通してクライエントと信頼関係を結び、問題の解決へと向かう点にある。
     またロジャーズは、来談者中心カウンセリングとはクライエントの自己決定能力に大きな信頼を置くことが基本であるとしている。従って、問題の解決方法はクライエント自身がありのままの自分に気づき(自己洞察)、それを受け入れ(自己受容)、より統合された自分の中で問題を解決する決心(自己決心)をするプロセ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。