幼稚園または小学校の教育課程編成上留意すべきこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数735
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼稚園または小学校の教育課程編成上留意すべきことについて述べなさい。
     教育課程とは、公的な教育機関である学校がその教育目標を達成するために幼児・児童に提供する教育内容と学習経験の学校全体の計画である。
     では、学校における教育目標とはどのようなものであろうか。今回は、幼稚園について考えてみたい。幼稚園の教育目標は、我が国の学校教育制度の基本となる学校教育法に述べられており、その第77条に「幼稚園は、幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする」と定められている。そして、この目的を達成するための保育内容を示した、文部科学省の幼稚園教育要領には、「幼児期における教育は、家庭との連携をはかりながら、生涯にわたる人間生成の基礎を養うために大切なものであり、幼稚園は、幼児教育の基本に基づいて展開される幼稚園生活を通して生きる力の基礎を育成するよう、学校教育法第78条に規定する幼稚園教育の目標の達成に努めなければならない」と、されている。
     幼稚園は、学校教育法第1条に「学校である」ことが規定されている。「学校」であるということは、心身の発達を助長する教育の場とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。