福祉国家の思想と原理について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数756
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉国家の思想と原理について述べよ」
     福祉国家とは「国民の福祉増進と確保」、すなわち、「すべての国民に健康で人間らしい文化的最低限度の生活を保障しようとする国家」のことである。第二次世界大戦中はナチスの「戦争国家」、そして戦後には「社会主義国家」と対比する意味で市民的自由を守りつつ国民生活の保障のために積極的に関与する、先進資本主義国の国家のあり方を示す言葉として使われるようになった。
     近代初期の国家のなかには、国民の福祉を政治目標として掲げた国もあったが、その福祉の内容は君主によって決定され、恩恵的なものであり、国民生活のすみずみまで干渉したいわゆる「警察国家」であった。これを「古典的福祉国家」という呼び名で現代の福祉国家との差別化を図っている。また、19世紀中ごろになると「夜警国家」と言われる時代になる。個人の自由競争こそ社会発展の原動力と考え、自由放任主義を根底の置いた社会である。最良のものとした。この時代には、貧困は個人の責任で国家に救済義務はないとしたのである。19世紀後半、資本主義経済が発展するとともにさまざまな矛盾が生じてきた。それは貧富の差の増大と階級闘争、周期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。