基本的生活習慣について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数7,208
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     基本的生活習慣について
     幼児期は、基本的生活習慣を身につける大切な時期である。基本的生活習慣とは、食事・着衣・清潔・排泄・睡眠の五つを指す。これらは生活を営む上での基本的な行為であり、習慣化されることを必須としているものである。
     そのため、保育者は幼児にこれらの重要性を示すとともに大人への依存から自立へと促していくようにしなければならない。とはいえ、生活習慣を形成付けるうえでいくつか大切なことがある。まず発達段階を踏まえたうえでの形成化である。これは現段階で幼児がどのくらい成長しているかに応じて生活習慣を身に付けさせていくかを決めることを表している。たとえば三歳児に手を洗う意味を伝える際..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。