なぜ環境による保育が幼児教育では求められるか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,468
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     なぜ環境による保育が幼児教育では求められるか
     幼児期の教育は何を目的としたものであろうか。小学校に上がる前の段階へと成長するように促すものであろう。また、幼児の脳の成長に見合った刺激を与え、成長を促すものでもあるだろう。社会における交通ルール、自然災害などについて教えるのも十分に教育と呼ぶことができるだろう。
     幼児の特性として、うるさい、落ち着きがない、計画性がない、自己中心的、うらやましがる、我慢できない、興味のないものには反応しない、こだわりがない、喜怒哀楽が自然にできる、行動と思考が同時、好奇心が旺盛、丸暗記が得意、恥を感じない、物怖じしない、パターン認識が得意などがある。この中でも前半部分は幼児は大人より劣っていると感じるものもあるかもしれないが、後半部分には大人になるとできなくなる事柄も多く含まれているように見える。大人は幼児に大人の模倣や習慣を押し付けがちになることがあるが、これらの特性自体が幼児の特性で幼児そのものであり、大人とは違った特性を持つ生き物である。このことを理解することが幼児教育を行なううえでの第一歩である。そのため、幼児の特性に合わせた内容や方法が不可..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。