文表・幼児虐待について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数953
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       幼児虐待について
     幼児の養育者、一般に「親」と表記される存在による虐待死は、見過ごせない段階にまで来ている。それは、幼児虐待は園に一人はいる、と言わせてしまうほど、社会現象にまで昇華されているのである。では、我々は親による幼児虐待を止めることができるのであろうか。
     確かに、保育者という立場は、どうしても虐待をしてしまう親とのカウンセリングをして、その脱出法を見つけ出したり、一時的に被虐待者、つまり幼児を預かったりすることが可能な位置にいる。しかし、親の養育者、一般に幼児から見ての「祖父母」にあたる存在や、閉鎖された地域社会に原因があるのではないかと私は考えているのである。その為、私は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。