社会福祉援助の技術と援助過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,660
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     社会福祉援助の技術と援助過程について
     ソーシャルワークは、社会福祉における援助の中核をなすものとして重要な位置を占めている。歴史的にみれば、19世紀後半にイギリスで萌芽し、20世紀初頭にアメリカ合衆国で発達し、体系化したものである。
     この諸援助技術は、「直接援助技術」、「間接援助技術」、「関連援助技術」、と三つに大きく分類されている。またこれらはさらに12個に分けられている。では、以下に社会福祉援助技術について述べていく。
     1. 直接援助技術
     (1)個別援助技術(ケースワーク)
     個別援助技術は、メアリー・リッチモンドによって理論化された伝統的な援助技術であり、主として個人やその家族に対して、直接的に働きがけが行われる。
     個別援助技術の展開過程は、①開始期、②展開期、③終結期と大きく三つに分けることができる。
     ①開始期は、クライエントとワーカーが面接によって問題点を明確にし、ラポール(信頼関係)を築くところから始まる。これをインテーク(受理)と呼び、初めてクライエントと出会う場となる極めて重要な場面である。
     次に情報収集と分析をおこなうアセスメント(事前評価)を行い、具体的な援助の実施計画や短・中・長期目標を設定する。
     ②展開期では、介入を行う。クライエントが自らの力で問題解決が出来るよう働きかける。また、モニタリングを行い、援助プランが効果を上げているか確認する。
     ③終結期は、文字通り援助を終結する段階である。
     (2)集団援助技術(グループワーク)
     集団援助技術は、もともと社会福祉固有の方法として生まれたものではなく、一種の教育的過程として考えられてきたものが、社会福祉領域に導入され、グループワークとして確立したものである。
     援助方法としては、同じ問題を抱えるクライエントを集め、プログラム活動を行いながら、メンバー間の相互作用を促しつつ、グループの一人としての個人を援助するというものである。
     その特徴は、構成員(数人のクライエント)とワーカーとの協働のもと、話し合いという技法を中心に、構成員が相互作用の影響を受け、成長を可能にしようとするところにある。その展開過程は次の四段階が考えられる。
     ①準備期は、グループ活動を成立させ、クライエントに援助目的を説明する時期である。そして援助目的に応じて、個々のクライエントのアセスメントを行い、具体的目標を立てる。
     ②開始期は、個々のクライエントをグループ活動になじませることから始まる。ワーカーは、クライエント同士の相互作用を促すとともに、そのグループに必要な情報を提供する。
     ③作業期は、集団が発達する時期である。グループ内では心理的交流が始まり、集団の目標と個人の要求が一致し、集団内の個人は一致した行動をとることが要求される。ワーカーは、集団内で起きている相互作用を観察し、クライエント個人の具体的な目標を明らかにしていく。
     ④終結・移行期は、援助関係が終了する段階である。行った活動をメンバー間で評価させ、ワーカーも記録にまとめながら、次回の援助計画を立てる。また、必要に応じて他の社会福祉援助サービスの紹介する。
     2.間接援助技術
     間接援助技術とは、社会福祉援助活動を促進させ、直接援助技術と併用、または統合されて実践的な効果を発揮する援助技術をいう。これらは、「地域援助技術(コミュニティワーク)」、「社会活動法(ソーシャルアクション)」、「社会福祉調査法(ソーシャルワーク・リサーチ)」、「社会福祉運営管理(ソーシャル・ウェルフェア・アドミニストレーション)」、「社会福

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉援助の技術と援助過程について
     ソーシャルワークは、社会福祉における援助の中核をなすものとして重要な位置を占めている。歴史的にみれば、19世紀後半にイギリスで萌芽し、20世紀初頭にアメリカ合衆国で発達し、体系化したものである。
     この諸援助技術は、「直接援助技術」、「間接援助技術」、「関連援助技術」、と三つに大きく分類されている。またこれらはさらに12個に分けられている。では、以下に社会福祉援助技術について述べていく。
     1. 直接援助技術
     (1)個別援助技術(ケースワーク)
     個別援助技術は、メアリー・リッチモンドによって理論化された伝統的な援助技術であり、主として個人やその家族に対して、直接的に働きがけが行われる。
     個別援助技術の展開過程は、①開始期、②展開期、③終結期と大きく三つに分けることができる。
     ①開始期は、クライエントとワーカーが面接によって問題点を明確にし、ラポール(信頼関係)を築くところから始まる。これをインテーク(受理)と呼び、初めてクライエントと出会う場となる極めて重要な場面である。
     次に情報収集と分析をおこなうアセスメント(事前評価)を行い、具..

    コメント7件

    dinkys 購入
    参考にさせていただきました。
    2007/04/28 15:46 (9年7ヶ月前)

    kenton 購入
    参考になりました
    2007/06/04 14:45 (9年6ヶ月前)

    tera 購入
    わかりやすい
    2007/06/16 15:15 (9年6ヶ月前)

    みん 購入
    ありがとうございました。
    2007/10/04 13:14 (9年2ヶ月前)

    mirai0903 購入
    参考になりました。
    2007/10/05 12:25 (9年2ヶ月前)

    yuuki407 購入
    参考になりました。
    2007/10/26 11:29 (9年1ヶ月前)

    川野さかな 販売
    ありがとうございます>うp主
    2008/10/29 4:11 (8年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。