社会福祉援助技術の展開過程「面接」と「記録」について

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数3,803
ダウンロード数141
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 面接
    (1) 意義
     社会福祉援助は、人と人との関わりなしには成り立たない。援助者は「面接」という具体的手段を媒介せずには日常業務を遂行することは不可能である。面接は、狭義での治療的機能にとどまらず、予防・増進的機能、企画・開発機能、組織化的機能、運動的機能までおよぶ幅広い手段である。したがって、面接に関わる知識や方法を、サービス利用者のニーズを満たしていく過程のなかで意図的かつ柔軟に活用していくことができるならば、社会福祉援助技術全体にきわめて有効な成果が見出せる。面接は、問題の解決に向かってサービス利用者が積極的・主体的に取り組んでいけるよう、援助者が側面的に援助していく過程のなかで活用されてきている。特に、個別援助活動の場合は、面接に始まり面接に終わるといっても過言ではないほど重要である。
    (2) 目的
     機関の機能、サービスの提供の方法、利用者のニーズ、解決されるべき問題の内容、サービス提供に至るまでのいきさつなどと関連はさまざまである。申請者のニーズを的確に把握し、個別化を図り、この後展開する援助の方向付けをする上で一番大切なところである。
    (3) 技法
    ? 準備の段階・・・相談者が、その場の雰囲気に親近感を持つために、場所を落ち着ける雰囲気に設定。記録用のテープレコーダーなども用意し、面接者は面接に関する前情報や知識を得ておく。ただし、臨機応変に対応できる姿勢が必要である。
    ? 展開の段階・・・初期の段階では、相談者の不安や緊張を解くことに努めていく必要がある。その際、バイステックの7原則(※1)にあるように受容的態度であることや、非審判的態度で臨むことが必要である。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    社会福祉援助技術の展開過程「面接」と「記録」について述べよ。
    面接
    意義
    社会福祉援助は、人と人との関わりなしには成り立たない。援助者は「面接」という具体的手段を媒介せずには日常業務を遂行することは不可能である。面接は、狭義での治療的機能にとどまらず、予防・増進的機能、企画・開発機能、組織化的機能、運動的機能までおよぶ幅広い手段である。したがって、面接に関わる知識や方法を、サービス利用者のニーズを満たしていく過程のなかで意図的かつ柔軟に活用していくことができるならば、社会福祉援助技術全体にきわめて有効な成果が見出せる。面接は、問題の解決に向かってサービス利用者が積極的・主体的に取り組んでいけるよう、援助者が側面的に援助していく過程のなかで活用されてきている。特に、個別援助活動の場合は、面接に始まり面接に終わるといっても過言ではないほど重要である。
    目的
    機関の機能、サービスの提供の方法、利用者のニーズ、解決されるべき問題の内容、サービス提供に至るまでのいきさつなどと関連はさまざまである。申請者のニーズを的確に把握し、個別化を図り、この後展開する援助の方向付けをする上で一番大切なところで..

    コメント7件

    sbkenta 購入
    参考になりました。
    2006/07/26 21:03 (10年4ヶ月前)

    mas400h 購入
    自分ならFreeにする。
    2006/09/10 23:40 (10年3ヶ月前)

    tatunoko 購入
    参考にさせていただきましたが内容に対し価格が高い気が…
    2006/09/13 0:58 (10年3ヶ月前)

    maruko05 購入
    参考になりました☆
    2006/11/19 18:50 (10年前)

    akifa0202 購入
    参考になりました
    2007/02/24 16:13 (9年9ヶ月前)

    mini1110 購入
    参考になった
    2007/09/17 19:09 (9年3ヶ月前)

    toshibei 非購入
    参考になりました
    2014/07/13 6:55 (2年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。