サプライチェーンマネジメントの内容とその具体的事例

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,921
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.サプライ・チェーン・マネジメントの内容
     サプライ・チェーン・マネジメント(以下、SCMと略す)の起源は、1980年代から90年代始めにかけてのドル高等による米国企業の苦境の中、日用雑貨・食品業界において製造業・卸・小売の会社組織を横断するSCMでスピード経営を実現して生き残りをはかったところに生まれた。SCMは端的に以下のようにまとめられる。すなわち、原材料から消費者までのサプライチェーン(原材料の調達から顧客への商品提供までの一連の産業プロセス)の全過程に対して、情報の共有化を進め、生産計画、在庫管理、需要予測などにおいての効率化を進めることによって、顧客に対しての製品・サービスの付加価値を高める経営管理手法のことを指す。したがって、物流全体に拡がった「カンバン方式」ともいえる。
     理想的なSCM実現のためには、サプライ・チェーン内の複数の企業や組織が需要や在庫などの情報を共有し、需要と供給のギャップをなくしていくこと、効率的な物流システムを構築することが必要である。だから、情報技術、物流技術、金融技術の高度な融合が必要であると言われているのである(図表2参照)。
     従って、これらの要素の弊害となる商慣行や、情報技術の未発達(例えば通信コストの高さ等)、などがあると、理想的なSCMの実現が難しくなる。同時に、それが回避可能な要因であればよいが、不可能な場合もありこの点でSCMの効果を疑問視する傾向もある。
    2.サプライ・チェーン・マネジメントの具体的事例
    ?三井物産、マイカル(小売業)、パルタック(卸売業)、P&G(日用雑貨品メーカー)のメーカー・流通・小売りの三層協力の事例
     小売業では、欠品による損失は経常利益の3倍にのぼると言われている。したがって、小売業にとってこの欠品をいかに取り除くかが重要になってくるが、それに最も適合的な経営管理手法としてSCMを取り上げ、メーカー・流通・小売りの三層協力によって実現したのがこの事例である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サプライチェーンマネジメントの内容とその具体的事例
    1.サプライ・チェーン・マネジメントの内容
     サプライ・チェーン・マネジメント(以下、SCMと略す)の起源は、1980年代から90年代始めにかけてのドル高等による米国企業の苦境の中、日用雑貨・食品業界において製造業・卸・小売の会社組織を横断するSCMでスピード経営を実現して生き残りをはかったところに生まれた。SCMは端的に以下のようにまとめられる。すなわち、原材料から消費者までのサプライチェーン(原材料の調達から顧客への商品提供までの一連の産業プロセス)の全過程に対して、情報の共有化を進め、生産計画、在庫管理、需要予測などにおいての効率化を進めることによって、顧客に対しての製品・サービスの付加価値を高める経営管理手法のことを指す。したがって、物流全体に拡がった「カンバン方式」ともいえる。
     理想的なSCM実現のためには、サプライ・チェーン内の複数の企業や組織が需要や在庫などの情報を共有し、需要と供給のギャップをなくしていくこと、効率的な物流システムを構築することが必要である。だから、情報技術、物流技術、金融技術の高度な融合が必要である..

    コメント4件

    ogawaogawa 購入
    SCMの事例は、多少古いが、要点を得てはいる。
    各事例に対して、より詳細な分析があればもっとよかった。
    2006/06/23 21:07 (10年5ヶ月前)

    yamabe 購入
    よかったです。
    2006/07/10 13:39 (10年5ヶ月前)

    wanghuan 購入
    参考しました
    2006/12/08 8:43 (10年前)

    mhero514 購入
    参考になりました。
    2007/06/14 0:04 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。