人格形成において、遺伝要因と環境的要因がそれぞれ発達過程においてどのように作用するか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,815
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    a.発生的遺伝的要因
     人間の体質は遺伝によって大部分決定される。この体質的な構造によって活動性に変化が生じる。その差は環境・文化によって変えられていくが、生後数年間は比較的変化のないものとみなされる。トーマス、チェス、バーチらの追跡研究の結果では、いくつになっても特定の特性が残存し続ける、気質要素の存在を指摘している。
    b.身体的外観と体格
     身体的外観は大部分発生的に決定される。体質的要因が発達過程において性格形成に影響を与えるものと考えられるが、それは体質的要因が性格特徴に直接影響を与えるものではない。体格の特質が個人の能力、適正、興味などに影響し、差異を生じさせるものであると考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人格形成において、遺伝要因と環境的要因がそれぞれ発達過程においてどのように作用するかを考察せよ。」
    【遺伝要因】
    a.発生的遺伝的要因
     人間の体質は遺伝によって大部分決定される。この体質的な構造によって活動性に変化が生じる。その差は環境・文化によって変えられていくが、生後数年間は比較的変化のないものとみなされる。トーマス、チェス、バーチらの追跡研究の結果では、いくつになっても特定の特性が残存し続ける、気質要素の存在を指摘している。
    b.身体的外観と体格
     身体的外観は大部分発生的に決定される。体質的要因が発達過程において性格形成に影響を与えるものと考えられるが、それは体質的要因が性格特徴に..

    コメント8件

    ekopf0204 購入
    簡潔にまとまっており、とても参考になりました。
    2006/04/26 14:21 (10年7ヶ月前)

    haruka0516 購入
    大変分かりやすくまとめられており、レポートの参考になりました。
    2006/07/12 10:51 (10年5ヶ月前)

    happy1208 購入
    ポイントが的確にまとめられていて、とても参考になりました。
    2006/07/24 9:59 (10年4ヶ月前)

    renoma0618 購入
    無駄な説明を省き、わかりやすくまとめられており、参考になりました。
    2006/09/26 11:48 (10年2ヶ月前)

    goldsun 購入
    参考になりました。
    2006/10/31 3:33 (10年1ヶ月前)

    sizu0523 購入
    字数が少なく、ごく簡単な論述のみでした。
    2007/02/08 0:57 (9年10ヶ月前)

    asym 購入
    参考にさせて貰います
    2007/06/08 16:22 (9年6ヶ月前)

    kjp2006 購入
    参考になりました
    2007/07/13 19:08 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。