盲学校・聾学校・養護学校に共通する教育の特色

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数455
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    各学校に通う子どもの障害の程度は以下の通りである。
    ●盲学校
     両眼の視力がおおむね0.3未満のもの又は視力以外の視機能障害が高度のもののうち、拡大鏡等の使用によっても通常の文字、図形等の資格による認識が不可能又は著しく困難な程度のもの。
    ●聾学校
     両耳の聴力レベルがおおむね60デシベル以上のもののうち、補聴器等の使用によっても通常の話声を解することが不可能又は著しく困難な程度のもの。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「盲学校・聾学校・養護学校にはどの様な障害をもった子どもたちが学んでいるのか、またこれらの学校に共通する教育の特色はどのようなものかについて述べよ。」
    各学校に通う子どもの障害の程度は以下の通りである。
    盲学校
    両眼の視力がおおむね0.3未満のもの又は視力以外の視機能障害が高度のもののうち、拡大鏡等の使用によっても通常の文字、図形等の資格による認識が不可能又は著しく困難な程度のもの。
    聾学校
    両耳の聴力レベルがおおむね60デシベル以上のもののうち、補聴器等の使用によっても通常の話声を解することが不可能又は著しく困難な程度のもの。
    養護学校
     知的障害者、肢体不自由者、病弱者の区分に相当する子ど..

    コメント1件

    goldsun 購入
    ありがとうございました。
    2006/10/14 23:29 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。