表現の自由について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,458
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     表現の自由とは、人間の心の作用を、外部に公表する精神活動の自由を示す。憲法では一九条において、「思想・良心」の自由が、二一条においては「言論・出版その他一切の表現の自由」が保障されている。
     表現の自由を保障することは極めて重要とされるが、ある表現活動が他人の権利や自由を侵す結果となる場合、この自由も一定の制限を受ける必要があるとされる。 例としては、人の名誉を傷つける表現、プライバシーを暴く表現などである。
     プライバシーの権利とは「ひとりにしてもらう権利」と定義され、相手に対して自分の私生活のなかに不当に介入・侵入を行わないように求める権利とされている。刑罰は無いが、民法に基づいて損害賠償が命じられる場合がある。また、公的な性格をもつ人物のプライバシー保護においては、一般のそれとは異なるのではないか、という論議もされている。
     具体例として『宴のあと』事件がある。政治家の有田八郎が、三島由紀夫と新潮社を、三島の作品『宴のあと』がプライバシー侵害であるとして損害賠償を求めた事件である。この際、裁判所は有田の主張を認め、被告に損害賠償の支払いを命じている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「表現の自由について。」
     表現の自由とは、人間の心の作用を、外部に公表する精神活動の自由を示す。憲法では一九条において、「思想・良心」の自由が、二一条においては「言論・出版その他一切の表現の自由」が保障されている。
     表現の自由を保障することは極めて重要とされるが、ある表現活動が他人の権利や自由を侵す結果となる場合、この自由も一定の制限を受ける必要があるとされる。 例としては、人の名誉を傷つける表現、プライバシーを暴く表現などである。
     プライバシーの権利とは「ひとりにしてもらう権利」と定義され、相手に対して自分の私生活のなかに不当に介入・侵入を行わないように求める権利とされている。刑罰は無..

    コメント1件

    higebouzu 購入
    読みやすかったです。
    2007/05/10 14:14 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。