企業の国際立地

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数717
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ? 多国籍企業の立地行動
    ? 多国籍企業
     多国籍企業とは、複数の国において事業活動を営む企業の事である。即ち、企業の事業活動、例えば生産(製造)活動、研究活動、販売、マーケティング等の拠点が国内だけでなく、海外にも立地している企業の事である。以下、多国籍企業の概念図を示す。
     次に挙げるのは、世界の対外直接投資の推移を示すものである。 (資料出所:鈴木[1994])
     上表から、投資本国が米国から欧州、日本へと多様化しながら、世界の対外直接投資が増大してきたことが分かる。また、直接投資が、1980年代後半以降に急増している事も明らかである。この時期、日本多国籍企業の展開が本格化している。これについては、次章で述べることにする。
    ? 日本企業の多国籍企業化
     以前は、主な事業活動は日本国内で行い、輸出によって自社製品を販売しており、海外生産は少なかった。1960年代からアメリカ企業の多国籍化が進み、1970年代からヨーロッパ企業の多国籍化が進み、アメリカ企業とヨーロッパ企業の相互展開が進んだ。日本企業の進出が本格化するのは、1980年代からである、
    1960年代:米国多国籍企業の欧州展開
    1970年代:米国と欧州企業の相互展開
    1980年代:日本企業の進出本格化

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    多国籍企業の立地行動
    ~日本多国籍企業の観点から~
    Ⅰ 多国籍企業の立地行動
        ⅰ 多国籍企業
        ⅱ 日本企業の多国籍化
    Ⅱ 日本多国籍企業の立地行動
        ⅰ 日本製造業の対外直接投資の動向
        ⅱ 対外直接投資の地域別動向
    Ⅲ おわりに
     ⅰ まとめ
       ⅱ 参考文献
    Ⅰ 多国籍企業の立地行動
    ⅰ 多国籍企業
     多国籍企業とは、複数の国において事業活動を営む企業の事である。即ち、企業の事業活動、例えば生産(製造)活動、研究活動、販売、マーケティング等の拠点が国内だけでなく、海外にも立地している企業の事である。以下、多国籍企業の概念図を示す。
     次に挙げるのは、世界の対外直接投資の推移を示すものである。
     
     (資料出所:鈴木[1994])
     
    上表から、投資本国が米国から欧州、日本へと多様化しながら、世界の対外直接投資が増大してきたことが分かる。また、直接投資が、1980年代後半以降に急増している事も明らかである。この時期、日本多国籍企業の展開が本格化している。これについては、次章で述べることにする。
    ⅱ 日本企業の多国籍企業化
     以前は、主な事業活動は日本国..

    コメント3件

    ユウヒロ 購入
    図表などが載っていてかなり分かりやすかったです。
    2006/01/14 18:40 (10年11ヶ月前)

    aqwrix 購入
    参考になりました
    2006/07/23 23:39 (10年4ヶ月前)

    tidasun0405 購入
    非常に参考になりました。ありがとうございます。
    2006/11/14 18:06 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。