低学年における生活科の必要性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数896
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート教育学生活子ども

    代表キーワード

    生活科生活教育学

    資料紹介

    低学年における生活科の必要性
    低学年に対する生活科の必要性の理由として、まず低学年児童の発達特性により適合した教育活動ができる教科が不足していることである。実を言うと低学年の年齢では、活動と思考が未分化であり、具体思考が中心であるので実体験により学ぶ方が身につきやすいのである。また、現代にいては基本的生活習慣の確立や体験学習の不足が見られるためその面においても子どもたちに自らが実体験(見る、調べる、作る、探す、育てる、遊ぶetc)から感じることで、学ぶ必要があるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    低学年における生活科の必要性
                 
    低学年に対する生活科の必要性の理由として、まず低学年児童の発達特性により適合した教育活動ができる教科が不足していることである。実を言うと低学年の年齢では、活動と思考が未分化であり、具体思考が中心であるので実体験により学ぶ方が身につきやすいのである。また、現代にいては基本的生活習慣の確立や体験学習の不足が見られるためその面においても子どもたちに自らが実体験(見る、調べる、作る、探す、育てる、遊ぶetc)
    から感じることで、学ぶ必要があるのである。つまりこの年代においては、「知得」よりも「体得」を好むのである。
     次に生活科の働きとして、幼..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。