高速道路沿道での法面緑化及び牧草地から帰化植物逸出の可能性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数886
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・高速道路事業で法面の緑化に使われた外来性草本種の沿道地域への逸出
    ・牧草地からの牧草の逸出

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高速道路沿道での法面緑化及び牧草地から帰化植物逸出の可能性
    逸出の可能性
    高速道路事業で法面の緑化に使われた外来性草本種の沿道地域への逸出
    牧草地からの牧草の逸出
    調査地
    調査方法
    各路線で特徴的と思われる数~20kmを調査区間
    道路境界から100mまでの分布の確認する
    調査地構内、調査地を中心に走る6本の道路に1×25mの枠を設置
    調査地構内は牧草の逸出率
    道路では牧草以外の帰化植物の帰化率、各種類の分布状況を調べる
    結果
    法面内、沿道においてもオニウシノケグサがほとんどを占め、続いてシナダレスズメガヤが多く見られた。
    種類、路傍内の状況により差が見られた
      路傍の植物群タイプと逸出牧草の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。