産業革命とIT革命のとの比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数932
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「産業革命」とは18世紀に起こった革命であり農業文明社会から工業文明社会への移行を示すものであり、普通これを「工業化」と呼ばれている。イギリスで最初に起こった「工業化」はその後、ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本、ロシアなどに拡大していきさらに、20世紀後半になると中国、韓国、東南アジア、中近東、ラテンアメリカ、アフリカ諸国に広がっていった。産業革命というと良いイメージが専攻してしまいがちだが、産業革命の影響により現代における「第三世界」、「南北問題」などの原型を形成してしまったという事実もある。
     次に「IT革命(情報技術革命)」とは、情報化社会(information technology revolution)を象徴する言葉とされている。情報の価値が物の価値と同等であると考える社会であり、日本においては1970年ごろにエレクトロニクス技術や通信技術の急速な発展(高度情報化現象)が、見うけられた。さらに90年代に入るとPC(personal computer)の機能がたいへん発達しLANのようなネットワークシステムによりさらなる高度な作業を可能にすることができるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    産業革命とIT革命との比較
    「産業革命」とは18世紀に起こった革命であり農業文明社会から工業文明社会への移行を示すものであり、普通これを「工業化」と呼ばれている。イギリスで最初に起こった「工業化」はその後、ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本、ロシアなどに拡大していきさらに、20世紀後半になると中国、韓国、東南アジア、中近東、ラテンアメリカ、アフリカ諸国に広がっていった。産業革命というと良いイメージが専攻してしまいがちだが、産業革命の影響により現代における「第三世界」、「南北問題」などの原型を形成してしまったという事実もある。
    次に「IT革命(情報技術革命)」とは、情報化社会(information..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。