中山間地域に対する直接保障制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数426
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私は中山間地域に対する直接保障制度については実施するしかないと思います。
    現在、中山間地域は経済的に悪い状態にあります。しかし、中山間地域には都市の生活基盤を支えるためのものがあります。しかし農業は外国産の農産物に押され、値段ではもはや対抗できない状態にあります。林業は国産材の価格が低迷している状態が続いています。他の産業も決して良い状態とはいえません。
    農業は多面的機能を持っており日本の農産物の約4割を支ええいる産業としての農業、保水、治水、国土保全、伝統的景観の保持、地域社会の維持活性化、文化の伝承、「人工的」な自然管理など多くの役目を担い、中山間地域の多面的機能は総合すると3兆3百億円になると推定されており国益になっていると思います。
    中山間地域に昔から住んでいる人は山を持っていることが多いので林業を営んでいる人もいます。農林業は自然管理と密接にかかわっており、かかわりを深くすることによって災害防止事業にかかる費用のコストダウン効果も考えられます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私は中山間地域に対する直接保障制度については実施するしかないと思います。
    現在、中山間地域は経済的に悪い状態にあります。しかし、中山間地域には都市の生活基盤を支えるためのものがあります。しかし農業は外国産の農産物に押され、値段ではもはや対抗できない状態にあります。林業は国産材の価格が低迷している状態が続いています。他の産業も決して良い状態とはいえません。
    農業は多面的機能を持っており日本の農産物の約4割を支ええいる産業としての農業、保水、治水、国土保全、伝統的景観の保持、地域社会の維持活性化、文化の伝承、「人工的」な自然管理など多くの役目を担い、中山間地域の多面的機能は総合すると3兆3百億円に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。