湖におけるプラントンの季節性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数307
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     プランクトンは大きく二種類に分けられる。光合成を行い自ら栄養を作り出せる植物プランクトンと植物プランクトンを捕食する動物プランクトンである。
     湖という外部からの水の影響を受けない閉鎖環境の中でのプランクトンは水の交換がある海よりも顕著に季節性が見られる。
     植物プランクトンが光合成を行うためには光と栄養塩類が必要であるが、光は水に溶けている不純物や光合成によって使われていくために水深が深くなるにつれ光が弱まっていく。そのために深い水深では活発に光合成が行われないために光合成を行う植物プランクトンは表面に近いところに集中することになる。そのために、光が強く当たる表面付近での栄養塩類の消費量が多くなり、逆に底の方では光合成を行うことができないためにプランクトンが少なくあまり消費されない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    湖におけるプランクトンの季節性
    プランクトンは大きく二種類に分けられる。光合成を行い自ら栄養を作り出せる植物プランクトンと植物プランクトンを捕食する動物プランクトンである。
    湖という外部からの水の影響を受けない閉鎖環境の中でのプランクトンは水の交換がある海よりも顕著に季節性が見られる。
    植物プランクトンが光合成を行うためには光と栄養塩類が必要であるが、光は水に溶けている不純物や光合成によって使われていくために水深が深くなるにつれ光が弱まっていく。そのために深い水深では活発に光合成が行われないために光合成を行う植物プランクトンは表面に近いところに集中することになる。そのために、光が強く当たる表面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。