コミュニティービジネス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数338
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私が考えたコミュニティービジネスは仕事を引退した高齢者や子供のいる母親の人、学生、若年者、仕事を持ち働いている人たちが無農薬の有機野菜を作り、その作った野菜でできるだけ安く弁当を作り、高齢者の家や老人ホーム、幼稚園や保育園に配達するというものです。配達するときは弁当を渡すだけでなく、配達したとこにあるいらなくなった物を持ち帰りリサイクルをしてバザーを開きで売るというものです。
     無農薬野菜を作る理由は少しでも体に良いものを高齢者や子供に食べてもらうためです。特に子供は農薬を使用した野菜などの食物を摂取するとアトピーやアレルギーになることがあります。農薬が原因の場合は治療をしても改善することが少ないのですが無農薬の野菜を食べるとアトピーやアレルギーが治ることもあります。
     味の好みは人それぞれ違っていて、持病を抱えている人もいます。そのため、事前に献立表を配布したり、希望を聞いたりするなどします。好き嫌いをなくすことも重要だと思いますが、やはり食事はおいしく食べることが大事だと思います。
     配達を3食全てするのは無理なので朝と夕方の2回に配達をします。その時にはゴミ捨てなどのちょっとした手伝えることは手伝います。
     そして、配達したときに要らないものを持ち帰ります幼稚園や保育園では親に協力してもらい小さくなった服などをもらいます。リサイクルをしてもらうために広告などを出して地域の住民に協力してもらい、要らないものを持ってきてもらったり、もってこれない場合はこちらから取りに行きリサイク品を集めます月に何回かバザーを開き売ることでゴミを少なくすることができます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コミュニティービジネス
    私が考えたコミュニティービジネスは仕事を引退した高齢者や子供のいる母親の人、学生、若年者、仕事を持ち働いている人たちが無農薬の有機野菜を作り、その作った野菜でできるだけ安く弁当を作り、高齢者の家や老人ホーム、幼稚園や保育園に配達するというものです。配達するときは弁当を渡すだけでなく、配達したとこにあるいらなくなった物を持ち帰りリサイクルをしてバザーを開きで売るというものです。
    無農薬野菜を作る理由は少しでも体に良いものを高齢者や子供に食べてもらうためです。特に子供は農薬を使用した野菜などの食物を摂取するとアトピーやアレルギーになることがあります。農薬が原因の場合は治療を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。