休眠と発芽に影響を及ぼす要因

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数956
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     種子のサイズや発芽要因・休眠、散布様式は繁殖の成功を最大にするように淘汰されてきた形質でありそのなかでも休眠は植物の環境に対する適応の結果であり、それにより種子や芽は不適な環境で発芽したよう植物をしに至らしめることなく、成長に適した環境においてのみ発芽生育することができます。休眠の生態学的な意義は「時間的分散」であると考えられています。
     種子の休眠中、呼吸などの生理的活性はほとんど完全に停止します。休眠中の種子の発芽能力は数週間で失われるものもあれば、4500万年前の種子が発芽したという例もあります。一般的に生育中の組織の含水量は80〜90%に対して、種子は10〜20%の含水量で、この水のほとんどはタンパク質などの生体高分子の結合水と考えられています。種子の寿命を延ばす重要な条件の一つに湿度が低いということがあがられます。
     発芽に対する環境要因の1つに温度があります。植物は限られた温度の範囲内だけで発芽し、その温度範囲(発芽における最低温度、最高温度、最適温度)は植物の種類によって異なります。しかも、特に種子発芽のための最適温度を決めることは、化学反応のような比較的単純な反応と異なり、発芽は複雑な過程なのできわめて難しく、たとえばトウモロコシの種子は35度でもよく発芽し、幼根は急激に成長しますがその後の芽生えの成長は、15度で発芽し成長した芽生えの成長よりも悪くなります。温度は発芽という胚の成長そのものだけでなく、種子の機械的性質や生理的、物理的プロセスなどの総合的な結果に複雑に影響するので発芽の最適温度というものをはっきりと決めることは困難です。
     種子の休眠の一つの型として、発芽に必要な或る微妙な化学変化が種子の中で完了するまで発芽が起こらないという場合があります。この変なこれを一般に種子の後熟現象といい種子を低温においたときに起こります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    休眠と発芽に影響を及ぼしている要因
    種子のサイズや発芽要因・休眠、散布様式は繁殖の成功を最大にするように淘汰されてきた形質でありそのなかでも休眠は植物の環境に対する適応の結果であり、それにより種子や芽は不適な環境で発芽したよう植物をしに至らしめることなく、成長に適した環境においてのみ発芽生育することができます。休眠の生態学的な意義は「時間的分散」であると考えられています。
    種子の休眠中、呼吸などの生理的活性はほとんど完全に停止します。休眠中の種子の発芽能力は数週間で失われるものもあれば、4500万年前の種子が発芽したという例もあります。一般的に生育中の組織の含水量は80~90%に対して、種子は10~20%の含水量で、この水のほとんどはタンパク質などの生体高分子の結合水と考えられています。種子の寿命を延ばす重要な条件の一つに湿度が低いということがあがられます。
    発芽に対する環境要因の1つに温度があります。植物は限られた温度の範囲内だけで発芽し、その温度範囲(発芽における最低温度、最高温度、最適温度)は植物の種類によって異なります。しかも、特に種子発芽のための最適温度を決めることは、化学反..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。