深海の環境

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数677
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート理工学深海生物環境水深

    代表キーワード

    生物理工学深海

    資料紹介

     世界の海の平均の深度は3800メートル、最高深度はそれぞれの海の海溝の深さとなる。海底地形は海嶺が連なり大山脈を形成している。また、太平洋はほかの海よりも深く世界中の海溝の大部分が集中している。
     C14法で海の水の年齢を調べてみると大西洋の水は表層から斬深界まですべての水が若い、これは蒸発した水が大西洋に戻らないためであり、そのため塩分濃度も大西洋が一番高い。太平洋やインド洋では若い水から古い水まで存在する。また、深海は循環しない物質や循環から外れた物質が行き着くところでもある。
     太陽の光は1000メートルまでしか届かず、深度が深くなるにつれ過酷な水圧が生物にのしかかる。さらに、水深1000メートル付近ではマリンスノーが起こり分解されるときに酸素が使われ溶存酸素量が最も少なくなるが、それ以降は酸素の循環が起きているために1000メートル付近よりも多い、これは上記の海洋大循環の影響である。1000メートルよりも深くなると生物は少なくなるが鉛直方向に移動している深海生物もいるため断言は出来ない。
     地球上の生物の生活空間の99.5%は深海である。その中に魚類の10%が生息されている。これは、深海にも表層よりも優れた点があると考えられる。一つに深海は安定した環境である氷河期、間氷期通して水温の変化が特に少ない。二つ目に深海底の熱水噴出域に群がるシロウリガイや大型魚類や哺乳類の死骸が鉛直方向から落ちてきたりもする。
     深海に生息する魚は深くなるほどその種は減少していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    世界の海の平均の深度は3800メートル、最高深度はそれぞれの海の海溝の深さとなる。海底地形は海嶺が連なり大山脈を形成している。また、太平洋はほかの海よりも深く世界中の海溝の大部分が集中している。
    C14法で海の水の年齢を調べてみると大西洋の水は表層から斬深界まですべての水が若い、これは蒸発した水が大西洋に戻らないためであり、そのため塩分濃度も大西洋が一番高い。太平洋やインド洋では若い水から古い水まで存在する。また、深海は循環しない物質や循環から外れた物質が行き着くところでもある。
    太陽の光は1000メートルまでしか届かず、深度が深くなるにつれ過酷な水圧が生物にのしかかる。さらに、水深1000メ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。