エミールにおける自然とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数584
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    エミールという本は200年前に書かれた教育論でありいろいろな場面での子どもに対する教育方法を述べている。そのいろいろな場面において強く述べていることは、「自然」という言葉である。「自然」に則した教育こそが最も良いと述べているかのようである。
    それでは、そのいろいろな場面を一つ一つ気になっていったところをあげていこうと思う。
    まず、ルソーは自然の規則に逆らうなということを述べている。「自然が内部ですることを外部からするのは、危険を二重にすることだ」とこの本で述べている。子どもには子どものうちにいずれ耐えなければならない攻撃、例えば不順な季節・風土・環境・飢え・渇き・疲労にたいして慣れさせ彼らの体を鍛錬させることがいいと述べているのである。子どもの場合は、体に習性がついていないために何の危険性もなしにどんな習性でもつけられると述べている。なぜなら、子どもというのは繊維がやわらかく、しなやかだから苦も無く与えられた襞をとることができるが、大人の場合は繊維が固くなっているから強い力を加えなければ、すでに与えられている襞を変えることができないかららしい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エミールという本は200年前に書かれた教育論でありいろいろな場面での子どもに対する教育方法を述べている。そのいろいろな場面において強く述べていることは、「自然」という言葉である。「自然」に則した教育こそが最も良いと述べているかのようである。
    それでは、そのいろいろな場面を一つ一つ気になっていったところをあげていこうと思う。
    まず、ルソーは自然の規則に逆らうなということを述べている。「自然が内部ですることを外部からするのは、危険を二重にすることだ」とこの本で述べている。子どもには子どものうちにいずれ耐えなければならない攻撃、例えば不順な季節・風土・環境・飢え・渇き・疲労にたいして慣れさせ彼らの体を鍛錬させることがいいと述べているのである。子どもの場合は、体に習性がついていないために何の危険性もなしにどんな習性でもつけられると述べている。なぜなら、子どもというのは繊維がやわらかく、しなやかだから苦も無く与えられた襞をとることができるが、大人の場合は繊維が固くなっているから強い力を加えなければ、すでに与えられている襞を変えることができないかららしい。
    だから、子どもにはいくらか危険がともなう..

    コメント2件

    happy1031 購入
    エミールの細かいところまで研究できていたと思います。
    2007/01/16 17:36 (9年10ヶ月前)

    yukihana 購入
    例をあげての考察、参考になりました。
    2007/01/27 16:23 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。