地球温暖化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,249
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ? どの様なメカニズムにより温暖化は進むのか。
     太陽放射のうち、地面反射(赤外線などの長波長の放射)の一部は大気中の温室効果ガスによって吸収され、再放射される。その結果、地面と下層大気が温められることにより温暖化は起こる。 温室効果ガスの主な成分は二酸化炭素、フロン類、メタン、一酸化二窒素である。二酸化炭素以外、人工起源の気体である。つまり、人工的排出がなされている。更に化石燃料に使用により二酸化炭素濃度が増加している。この問題は突き詰めれば地球システムにおける炭素循環の問題となっている。以上の点により近年急速に温暖化が進んでいる。
    ? 21世紀にはどの様な温暖化が進み、何が危惧されるのか。
     温暖化については人工の増加、経済成長や現在の温室効果ガス規制状況から仮定すると、地球の平均気温は2度増加し(特にアジア大陸の高緯度で著しくみられる)、海面水位は約50cm上昇すると考えられる。気温上昇は特にアジア大陸の高緯度で著しい。危惧されるのは珊瑚礁嶼、デルタ地域などの低地の水没、森林など自然植生の損傷、深刻な乾燥化、マラリア流行地域の拡大などである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地球温暖化について
    どの様なメカニズムにより温暖化は進むのか。
    太陽放射のうち、地面反射(赤外線などの長波長の放射)の一部は大気中の温室効果ガスによって吸収され、再放射される。その結果、地面と下層大気が温められることにより温暖化は起こる。 温室効果ガスの主な成分は二酸化炭素、フロン類、メタン、一酸化二窒素である。二酸化炭素以外、人工起源の気体である。つまり、人工的排出がなされている。更に化石燃料に使用により二酸化炭素濃度が増加している。この問題は突き詰めれば地球システムにおける炭素循環の問題となっている。以上の点により近年急速に温暖化が進んでいる。
    21世紀にはどの様な温暖化が進み、何が危惧..

    コメント4件

    tekken 購入
    まぁまぁ
    2006/07/09 16:40 (10年5ヶ月前)

    kazukun 購入
    a
    2006/07/12 10:15 (10年5ヶ月前)

    db00093 購入
    参考になりました
    2006/08/07 12:19 (10年4ヶ月前)

    Mau 購入
    普通でした。
    2007/02/12 21:00 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。