私のスポーツプログラム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数637
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2004年度 群馬大学体力測定結果
    上体起こし 長座体前屈 握力平均 反復横跳 立ち幅跳 12分間走
    平均 23.8回 50.1cm 26.7kg 48.0点 175.9cm 2043.0m
    I 25回 62cm 22kg 47点 166cm 2080m
    平均値を下回っているもの ⋆平均=女性平均
     この体力測定の結果は、私の得意・不得意を見事に表しています。私はどちらかというと、短距離走より長距離走の方が得意です。だから12分間走では平均値に達しています。また、中学生の頃は体操部に所属していたので、柔軟性には少し自信があります。しかし高校時代の体力測定では、長座体前屈は63cmだったので、自己記録を下回ってしまったことが悔やまれます。なので、普段の生活の中に柔軟やストレッチをする時間を設定して、柔軟性の維持を図るべきだと考えています。そして上体起こしも、高校時代には28~29回の記録を出していたので、こちらも悔しい結果になってしまいました。腹筋も意識しなければ鍛えられないので、毎日少しずつでも、腹筋を鍛えていく必要があります。
     次に、平均値を下回っているものに注目します。平均値を下回っているものは、握力・反復横跳・たち幅跳びの3つです。
     まず1つ目は握力に注目します。握力が低いことには、生まれ待った体質もあるかもしれませんが、大きな原因が一つあります。先ほど述べたように、私は体操部に所属していました。私は生まれつき骨が弱く、体操部への入部に関して親は猛反対をしていましたが、怪我をしたら退部をするという条件で入部を許されました。大きな怪我をせず、なんとか無事に部活引退を迎えることができそうだったので、中学3年最後の大会くらい自己ベストを出したいという思いがあったので、より熱心に練習をしていました。しかし、ある時 大技の支持に失敗してしまい、右前腕骨を2本折ってしまいました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2004年度 群馬大学体力測定結果
    上体起こし 長座体前屈 握力平均 反復横跳 立ち幅跳 12分間走 平均 23.8回 50.1cm 26.7kg 48.0点 175.9cm 2043.0m I 25回 62cm 22kg 47点 166cm 2080m    平均値を下回っているもの
    ⋆平均=女性平均
    この体力測定の結果は、私の得意・不得意を見事に表しています。私はどちらかというと、短距離走より長距離走の方が得意です。だから12分間走では平均値に達しています。また、中学生の頃は体操部に所属していたので、柔軟性には少し自信があります。しかし高校時代の体力測定では、長座体前屈は63cmだったので、自己記録を下回ってしまったことが悔やまれます。なので、普段の生活の中に柔軟やストレッチをする時間を設定して、柔軟性の維持を図るべきだと考えています。そして上体起こしも、高校時代には28~29回の記録を出していたので、こちらも悔しい結果になってしまいました。腹筋も意識しなければ鍛えられないので、毎日少しずつでも、腹筋を鍛えていく必要があります。
     次に、平均値を下回っているものに注目します。平均値..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。