国際化に対応する教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数347
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     この六月、私は三週間、教育実習生として母校の中学校に行かせて頂いた。教師を志すに当たり、私がそこで得たものは生涯の原点となる貴重な経験の数々だった。生徒一人一人と向き合うことの難しさ、また、その大切さ、生徒と接するに当たってはまず、こちらが誰よりも真剣であらねばならないこと。数え上げればきりがないだろうが、三週間で私が学んだことは生涯に渡って忘れることのない、黄金に輝き渡る珠玉の財産となった。今回のレポートのテーマは「国際化に対応する教育」ということだが、実習先での私の経験を少々お話させて頂きたい。
     それは、幾人かの生徒との関わりの中で、また実習を終えてからも個人的に私自身が思索してきたことについてである。“キモイ”“キショイ”という言葉がある。それぞれ、“気持ち悪い”“気色悪い”の略語であり、現代人が、特に若者が頻繁に使用する言葉である。かく言う私自身もあまり良くない言葉だとは知りつつも使うことはあるにはあるのだが、何日か生徒と接する中で今の中学生がこの“キモイ”“キショイ”を頻繁に使用することに気が付いた。一般的に考えれば、元々“気持ち悪い”が語源なのだから、「気持ち悪いモノ」に対する時に使う言葉であると考えるのが普通だろう。しかし、彼らが使うケースはそういったケースだけではない。予期せぬ現象に出会ったりなどし、びっくりした時、面白いと感じる対象物の代名詞として使う時等、様々なのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際化に対応する教育
                               
     この六月、私は三週間、教育実習生として母校の中学校に行かせて頂いた。教師を志すに当たり、私がそこで得たものは生涯の原点となる貴重な経験の数々だった。生徒一人一人と向き合うことの難しさ、また、その大切さ、生徒と接するに当たってはまず、こちらが誰よりも真剣であらねばならないこと。数え上げればきりがないだろうが、三週間で私が学んだことは生涯に渡って忘れることのない、黄金に輝き渡る珠玉の財産となった。今回のレポートのテーマは「国際化に対応する教育」ということだが、実習先での私の経験を少々お話させて頂きたい。
     それは、幾人..

    コメント3件

    masterkey248 購入
    大変参考になりました
    2006/11/15 11:14 (10年1ヶ月前)

    lg1155 購入
    助かりました。
    2006/12/02 13:14 (10年前)

    labra_m 購入
    このレポートは途中ではないんですか?
    たとえ50ポイントであっても損しました。
    2007/09/09 13:01 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。