マルチメディアと人間工学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数432
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.マルチメディアと人間工学
     これからのマルチメディアと人間との障害になるであろう3D酔いを中心に、安全かつ快適なエンタテイメントの創出について学んだ。
     3D酔いとは、3次元的な影像表現を用いたTVゲームのプレイ中に生じる特徴的な不快感である。医学的には動揺病と呼び、症状として悪心、嘔吐、顔面蒼白、冷や汗などが生じる。この原因としては、未知な部分が多く、最近では3つの説が有力である。Sensory Conflict TheoryとPoison TheoryとPositional Instability Theoryである。Sensory Conflict Theoryは、過去の経験による前庭、視覚、および体性感覚と実際の感覚の間にずれが生じることによって酔いが発生するというものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2006年1月15日(土)
    「マルチメディアと人間工学」
            
            
            
            
    1.マルチメディアと人間工学
     これからのマルチメディアと人間との障害になるであろう3D酔いを中心に、安全かつ快適なエンタテイメントの創出について学んだ。
     3D酔いとは、3次元的な影像表現を用いたTVゲームのプレイ中に生じる特徴的な不快感である。医学的には動揺病と呼び、症状として悪心、嘔吐、顔面蒼白、冷や汗などが生じる。この原因としては、未知な部分が多く、最近では3つの説が有力である。Sensory Conflict TheoryとPoison TheoryとPo..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。