量子コンピュータ を学ぶ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数245
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「量子コンピュータ」というものがこの世で初めて定義されたのは1959年のことで、カリフォルニア工科大学の講演中にRichard Feynmanによって定義された。しかしこのときは理論上の話であり実用性については触れられなかった。
     しかしそれから30年以上たった1994年ものすごいことが発表された。それは「量子コンピュータがいとも簡単に因数分解を行なうことが可能である」ということである。従来の電気信号を用いたコンピュータでは因数分解を行なうことがとてつもない時間を必要とすることから理論上は不可能であるとされていたが、この「量子コンピュータ」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     量子コンピュータを学ぶ
    「量子コンピュータ」というものがこの世で初めて定義されたのは1959年のことで、カリフォルニア工科大学の講演中にRichard Feynmanによって定義された。しかしこのときは理論上の話であり実用性については触れられなかった。
     しかしそれから30年以上たった1994年ものすごいことが発表された。それは「量子コンピュータがいとも簡単に因数分解を行なうことが可能である」ということである。従来の電気信号を用いたコンピュータでは因数分解を行なうことがとてつもない時間を必要とすることから理論上は不可能であるとされていたが、この「量子コンピュータ」というものはいとも簡単に行な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。