脳・仮想現実感・人体モーションⅠ・Ⅱ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数463
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1回目の実験では、脳のfMRI画像を、行列Wの初期値を変更することにより、どう変化するのかを学んだ。与えられたWの初期値を表1に示し、ランダムに変更したWの値を表2として示した。また仮想現実感の実験では、ソースコードを修正して、指定されたインターフェース機能を持つように力学的フィードバックを変えた。
    2回目の実験では、モーションキャプチャを使用し、人体とスケルトン各部との対応を取り、スケルトンにダミーを着せ、元気に歩いているときと元気が無いときの動きを計測した。そしてそのデータをExcelに移し、それぞれの関節ごとにグラフを作成した。それを図1から図20として示した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳・仮想現実感・人体モーションⅠ・Ⅱ
    実験報告レポート
    Ⅰ.実験結果についての説明
    1回目の実験では、脳のfMRI画像を、行列Wの初期値を変更することにより、どう変化するのかを学んだ。与えられたWの初期値を表1に示し、ランダムに変更したWの値を表2として示した。また仮想現実感の実験では、ソースコードを修正して、指定されたインターフェース機能を持つように力学的フィードバックを変えた。
    2回目の実験では、モーションキャプチャを使用し、人体とスケルトン各部との対応を取り、スケルトンにダミーを着せ、元気に歩いているときと元気が無いときの動きを計測した。そしてそのデータをExcelに移し、それぞれの関節ごとにグラフを作成した。それを図1から図20として示した。
    Ⅱ.実験結果
    どの実験も理論どおりの結果を示した。
    詳しい実験結果は「Ⅲ.報告事項」の中で詳しく示す。
    Ⅲ.報告事項
    [報告 6.1]
     (a)fMRIによる計測の原理をまとめよ。
     fMRIの"f"は"functional"(機能的)、"MRI"は"Magnetic Resonance Imaging"(磁気共鳴画像)を示しており、 f..

    コメント1件

    ryo2112 販売
    評価はA+でした。
    2010/05/23 14:30 (6年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。