アナログ変復調Ⅱ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数228
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「アナログ変復調Ⅱ」の実験です。
    周波数(FM)変調復調について書いてあります。
    評価はA+でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アナログ変復調Ⅱ
    実験報告レポート
    実験結果についての説明
     今回の「アナログ変復調Ⅱ」の実験においては以下の器具を使う。
                  図1 FM変調測定回路
    実験4.2.1では、表4.2.1.0で表される設定を、発振器(FG-163)に施す。そして、発振器(FG-163)の出力(OUTPUT)信号をデジタルオシロスコープにて観測し、FM信号(出力信号)が1.0[V]rms になるよう、発振器(FG-163)のAMPLITUDE ダイヤルを調整する。
    【表4.2.1.0】発振器(FG-163) の設定
    FREQUENCY ダイヤル 0.1[Hz] FREQ MULT 1[KHz] FUNCTION 正弦波 MODE CONT OFFSET OFF
    そして、FM変調器で使用するVCOに関して、入力信号 の振幅に対する出力信号の角周波数 を測定する。
    実験4.2.1の結果を表4.2.1として示し、その関係性を図4.2.1として示した。
    実験4.2.2では、変調信号の振幅を0.01[V]0-P、0.5[V]0-P、3[V]0-Pとし、以下のパラメーター値(表4.2.2.0)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。