サービスモデル活用論期末レポート課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数153
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    [設問1]ユニークな「サービス」をひとつ選び、説明すること(文章はA4で1ページ以内、図表はその限りでない)
    [設問2]その「サービス」で、ユースケース図とアクティビティ図とを描くこと(必要ならその他追加もOK)
    [設問3]その「サービス」の今後について論じること(文章はA4で1ページ以内、図表はその限りでない)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サービスモデル活用論 期末レポート課題
    [設問1]ユニークな「サービス」をひとつ選び、説明すること(文章はA4で1ページ以内、図表はその限りでない)
    「音楽CDが出来るまで」を取り上げる。音楽CDが出来るまでには以下の過程を経る。
    1.アーティスト発掘
    レコード会社やプロダクション、コンサートプロモーターらが新たなアーティストを発掘。
    2.コンセプト会議
    各分野の制作担当者が集まって会議を行い、どのようなCDを制作するのかという企画を決定。アーティストを活かす制作・宣伝展開を考えていく。またスタッフの人選やCDが発売されるまでのスケジュールもここで組まれる。
    3.曲作り
    コンセプトに相応しい作詞・作曲家に楽曲制作を依頼。楽曲が完成するとイメージに合った編曲をアレンジャーに依頼。アーティストがバンドで自ら曲作りする場合は念入りなリハーサルを行って曲を練り上げる。
    4.オケ録り
    ドラム、ギター、ベースなど、ボーカル以外の各楽器の音をそれぞれレコーディング。時にはライブ感を出すために“一発録り”という手法ですべてのパートを一度に録音することもある。かつてはテープ録音が主流だったが、現在はコン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。