国際プロジェクト・ODA実務第3回課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数191
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    商社にとってのPF案件検討時におけるポイントをまとめよ。
    商社がプロジェクトファイナンスの案件を検討し、今回彼らはスポンサー(投資)としての役割を果たすため、以下の注意するポイントが考えられる。

    ○リスクについて
    プロジェクトファイナンスでは、今までのコーポレートファイナンスと異なり、事業主への遡及がない、若しくは限定されるため、投資のリスクが増加する。このため事前に事業収入等のキャッシュフローの確実性引き上げ交渉、キャッシュフローから出資者等の利害関係人に優先して返済を受ける仕組みの構築などリスク管理・リスク分担を決めるファイナンス方式の確認が必要となる。
    以下に現れる可能性のあるリスクを時系列にまとめる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際プロジェクト・ODA実務第3回課題
    ~商社にとってのPF案件検討時におけるポイント~
    商社がプロジェクトファイナンスの案件を検討し、今回彼らはスポンサー(投資)としての役割を果たすため、以下の注意するポイントが考えられる。
    ○リスクについて
    プロジェクトファイナンスでは、今までのコーポレートファイナンスと異なり、事業主への遡及がない、若しくは限定されるため、投資のリスクが増加する。このため事前に事業収入等のキャッシュフローの確実性引き上げ交渉、キャッシュフローから出資者等の利害関係人に優先して返済を受ける仕組みの構築などリスク管理・リスク分担を決めるファイナンス方式の確認が必要となる。
    以..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。