ユビキタス社会とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数736
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    彼は、技術が成熟すると、環境に溶け込み、その存在自体を意識せずに使える段階に達すると洞察し、コンピュータもやがてその段階に到達し、オフィスや家庭の様々な道具や場所にコンピュータが埋め込まれ、「人間がコンピュータを意識せずに自然にその機能を使用することができるサービス環境」が実現すべきだと考えた。これまでのように、コンピュータを使うために人間が努力させられるのでなく、人間が自然にコンピュータを活用できる人間中心のコンピュータ環境を目指したのである。
    また、ワイザー氏は、これまでのコンピュータの歴史は、1台を多数のユーザーが使用するメインフレーム(大型汎用コンピュータ)の時代、次に、1人1台のパーソナル・コンピュータが主流の時代と約30年間で主役が交代し、将来は、1人が多くのコンピュータを使うユビキタス・コンピューティングの時代になるという考え(下図)に辿り着いた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ユビキタス・コンピューティング社会とは何か?トロンプロジェクトとの関連を述べ、ユビキタス・コンピューティング社会の展望について述べなさい。その先駆けとしての「ICタグ」の実用化についても述べてください。
    ユビキタス・コンピューティング社会とは、「いつでもどこでも、利用者が意識する事無く、コンピュータやネットワークなどを利用できる状態」である社会を言う。元々は、1988年にゼロックス・パロアルト研究所のマーク・ワイザー氏が「生活環境のあらゆる場所に情報通信環境が埋め込まれ、利用者がそれを意識せずに利用できる状態」をユビキタス・コンピューティングと最初に定義したことに由来する。
     彼は、技術が成熟すると、環境に溶け込み、その存在自体を意識せずに使える段階に達すると洞察し、コンピュータもやがてその段階に到達し、オフィスや家庭の様々な道具や場所にコンピュータが埋め込まれ、「人間がコンピュータを意識せずに自然にその機能を使用することができるサービス環境」が実現すべきだと考えた。これまでのように、コンピュータを使うために人間が努力させられるのでなく、人間が自然にコンピュータを活用できる人間中心のコ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。