政策法務]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数602
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法福祉政策地域行政組織課題言葉国会地方

    代表キーワード

    憲法福祉政策法務

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    政策法務概論
    今日、地方分権という大きな流れのなかで地方自治体がかかえる行政課題は大きく変容してきており、政策法務は、住民の福祉増進を実現するため、自治体現場の視点から、条例の立案・法令の自主解釈、訴訟・裁判への政策的対応をするためますます重要になってきている。具体的になぜ重要になってきているかを述べると、旧来圧倒的事務量を占めていた機関委任事務(県の約7割、市の約4割)の廃止とともに、自治体の役割=住民の福祉の増大、および国と自治体との役割分担原則が新しく地方自治法(自治1条の2第1~2項)に規定され、国に対する地方の役割が増大したことや地方分権原則に適合する(自治最適化)法令の制定・解釈の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。