個別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,797
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.はじめに
     現代社会は情報化の潮流を迎え、それに伴った様々な生活問題が表面化しており、家庭・職場など場所を問わず発生する。この問題を個々で対応していくと、自ずと限界に達することが多く、かえって問題がこじれてしまい、場合によっては専門家の介入が必要となる。このような場合、専門家は個別援助技術(ケースワーク)の導入が必須であり、ケースワークの理論に基づいた援助の展開が求められる。以下でケースワークの理論とその内容について述べる。
    2.ケースワーク理論と歴史的展開について
     個別援助技術(ケースワーク)は、クライエント個々やその家族が抱えている様々な生活問題に対して、ニーズ・問題点の抽出を行って解決へと導くことを主としながら、クライエントの生活・社会環境を視野に入れた上での既存の制度・本人の権利・地域住民の協力等の社会資源の活用も行うものであるが、様々な理論・定義が存在する。以下で、ケースワークの理論を体系化した代表的人物を挙げる。
     ケースワークを語る上で最も重要な基礎を確立したのが、ケースワークの母といわれているM.リッチモンドである。リッチモンドは、ケースワークとはクライエントがもっている力を回復させることによって、生活問題から抜け出せるように援助することとし、1922年の「ケースワークとは何か」でケースワークの基本条件として次の4点を挙げている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個別援助技術(ケースワーク)の理論と内容について述べよ。
    1.はじめに
     現代社会は情報化の潮流を迎え、それに伴った様々な生活問題が表面化しており、家庭・職場など場所を問わず発生する。この問題を個々で対応していくと、自ずと限界に達することが多く、かえって問題がこじれてしまい、場合によっては専門家の介入が必要となる。このような場合、専門家は個別援助技術(ケースワーク)の導入が必須であり、ケースワークの理論に基づいた援助の展開が求められる。以下でケースワークの理論とその内容について述べる。
    2.ケースワーク理論と歴史的展開について
     個別援助技術(ケースワーク)は、クライエント個々やその家族が抱えている様々な生活問題に対して、ニーズ・問題点の抽出を行って解決へと導くことを主としながら、クライエントの生活・社会環境を視野に入れた上での既存の制度・本人の権利・地域住民の協力等の社会資源の活用も行うものであるが、様々な理論・定義が存在する。以下で、ケースワークの理論を体系化した代表的人物を挙げる。
     ケースワークを語る上で最も重要な基礎を確立したのが、ケースワークの母といわれているM.リッチモン..

    コメント1件

    wakabadai 購入
    参考になりました
    2006/09/28 3:54 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。