遺伝子診断とインフォームドコンセントについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,219
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    遺伝子診断とインフォームド・コンセントの関係
     遺伝子診断は未来に生じるであろう疾病の確率予測なので、インフォームド・コンセントでは必ず伝えなくてはならない事は、すぐに治療はできず、予防と発病の早期発見のための診断であり、確率予測なので、環境因子との相互作用により変化するので確実な事は言えない、という点である。
     診断時の対処は、インフォームド・コンセントが、安全確保のため遺伝子疾患の発現する部位を発病前に予防的に切除してしまうことを誘導するかもしれないので、かなり過剰な予防的治療につながるという事である。
    遺伝子診断の必要性
     効果的な予防・治療法の確立している遺伝性の病気については、遺伝子診断は有効である。
     その際に、遺伝子診断の意味(何のために診断をするのか、診断結果はどのような使い方ができるのか、診断結果はあくまでも確立である)についての事前のインフォームド・コンセントは不可欠であろう。その際には、診断をしないことの選択肢も権利として確保されていることを伝える必要がある。
     その上で、診断を受けた場合、細胞とその中に含まれる遺伝子情報が持っている意味の詳細な説明は不可欠である。乳房の切除のような予防的治療法にはその有効性とリスク、他の予防・治療法との比較考量についての説明も不可欠である。
    問題点と危険性
     遺伝子診断は医療上可能な予防や早期治療を目的として行われるはずである。遺伝子診断の使用目的はあくまでも医療的要請を前提にすべきである。ただ自分の未来の一部を知りたいということだとすると、その診断はあまりにも不確定要素が大きいのではないだろうか。
     その点で、インフォームド・コンセントと患者の選択、事故決定だけに判断を委ねることの危険性は考えなければならない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    遺伝子診断
    遺伝子診断とインフォームド・コンセントの関係
     遺伝子診断は未来に生じるであろう疾病の確率予測なので、インフォームド・コンセントでは必ず伝えなくてはならない事は、すぐに治療はできず、予防と発病の早期発見のための診断であり、確率予測なので、環境因子との相互作用により変化するので確実な事は言えない、という点である。
     診断時の対処は、インフォームド・コンセントが、安全確保のため遺伝子疾患の発現する部位を発病前に予防的に切除してしまうことを誘導するかもしれないので、かなり過剰な予防的治療につながるという事である。
    遺伝子診断の必要性
    効果的な予防・治療法の確立している遺伝性の病気については、遺伝子診断は有効である。
    その際に、遺伝子診断の意味(何のために診断をするのか、診断結果はどのような使い方ができるのか、診断結果はあくまでも確立である)についての事前のインフォームド・コンセントは不可欠であろう。その際には、診断をしないことの選択肢も権利として確保されていることを伝える必要がある。
    その上で、診断を受けた場合、細胞とその中に含まれる遺伝子情報が持っている意味の詳細な説明は不可欠..

    コメント2件

    05sg1114 購入
    すばらしい内容です!!!!!
    2006/06/08 15:53 (10年6ヶ月前)

    omucia 購入
    まあまあよい
    2006/07/20 23:58 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。